インフラ構築

インフラ=システムの生命線

インフラとは、ITにおける環境のことです。業務がスムーズに流れていくためには、 全ての基盤となるインフラ構築は非常に重要なフェーズになります。 システムの基盤であるインフラは、いわばシステムにとっての「生命線」です。 例えば、社内LANをはじめとした通信設備は、人体であれば血管と同じようなものであると考えることができるでしょう。 あらゆるシーンで利用されるコンピュータのハードウェアやソフトウェア、ネットワーク、サーバなどについてお客様の組織構造、 規模、業務内容、利用状況などに合わせて最適なものを選択し、最高効率を実現する環境を構築していきます。

最適な技術を選び抜く

強靭かつ高可用性を併せ持ったインフラ構築の為に、様々なシーンに幅広く対応できる技術を選ぶ必要があります。 日々新しい技術が生み出され、また変貌していくITの世界。存在する技術の数は計り知れません。 新旧問わず様々な技術の情報を取り入れ、それらの特徴を十分に知ることで、 はじめてお客様の職場環境に最適な技術を選択することが可能になります。

独立系ベンダー

対応可能ソリューション

OSとミドルウェアの導入及びマイグレーション
ストレージ製品の導入とセットアップ
稼動中のシステム基盤の分析・評価

独立系ベンダーの対場であるため、基本的には全てご対応させて頂きます。
中でもIBM関連製品の中で多くの実績をDOTでは持っております。

サービス

オープンシステム
オープンシステム

オープンシステムインフラ構築は、オペレーティングシステムやミドルウェアのUT,ITa,ITb,ST,本番の各局面における 導入・カスタマイズ・パフォーマンス・メンテナンスを行います。 また、要件定義〜設計、開発〜本番といった各フェーズにおける環境構築やプロジェクト管理などの作業も行っております。 オペレーティングシステム、ミドルウェア、外部ストレージなどをトータルで対応します。

メインフレーム
メインフレーム

メインフレームインフラ構築も、オペレーティングシステムやミドルウェアの各局面における導入・カスタマイズ等の環境構築、 パフォーマンスチューニング、システム環境のメンテナンスを行います。

DOTの強み

長年と多数の実績・経験により、オープンシステム・メインフレームの混在環境にもしっかりと対応できます。

事例

オープンシステム・メインフレームの実績範囲は大規模・小規模なものまでDOTでは多岐にわたり、ほとんどの業種を網羅しております。 例;金融機関・流通業・サービス業・製造業・公共関連

構築フロー

ご相談
要件定義
ハード・ソフトウェアの選定
基本設計
詳細設計
スケジュールの設定
導入・カスタマイズ
各種試験(本番環境・テスト環境)
リリース
※各フェーズごとに確認作業は入ってきます。

製品範囲

導入・マイグレーション・カスタマイズ・パフォーマンス測定はもとより、 要件定義・内部および外部設計・開発・テスト等、各工程の環境構築作業およびプロジェクト管理を主体としております。 メインフレーム・オープンシステム、大規模・小規模システムなど

オープンシステム
オペレーティングシステム
AIX(LPAR環境含む) / Linux / Solaris / HP-UX / BSD
DB DB2 / ORACLE / Postgres
その他ミドルウェア WebSphere(WAS,edge,ReverseProxy)  
WebSphere MQ / TXSeries(CICS)
HULFT / Tivoli製品
周辺装置 ESS,DSシリーズ(外部ディスク装置)
LTO(外部テープ装置)
SANスイッチ装置
ネットワーク&セキュリティー TCPIP / Internet環境(DNS,Mail,HTTP,SSL)
Firewall
メインフレーム
オペレーティングシステム z/OSパッケージ全般
DBDC DB2 / IMS / WebSphere MQ
CICS 及び関連製品
運用自動化・監視 NetView / TWS
セキュリティー RACF / TopSecret
ネットワーキング TCPIP / SNA

専門技術者の育成と派遣

PM/SE/PG
高まるニーズへの対応

ITインフラ整備の必要性の一方で、そのための知識・経験を持った技術者が不足しているのが昨今の現状です。 DOTでは、お客様のリソースが不足した際にタイムリーに知識・経験豊富な「PM/SE/PG」の技術者を派遣し、サポートいたします。